仕事と給料が見合っていないように感じて転職

2018年12月5日経験年数5年以上

これまでのキャリア

30歳 男性 回復期3年 在宅リハ3年目

 

仕事と給料が見合っていないように感じて転職

理学療法士になって初めて務めた回復期病院は、給料が安い割に残業が多く、1日の単位数も決められており、教育プログラムも厳しいのでお金の割に仕事量が見合っていなかったと感じていました。また、中堅ベテランが少なく新人が多いため雰囲気が好ましくなかった。仕事は仕事でしっかりやってメリハリつけてお金を稼ぎたいと思って転職しました。

 

最終的には自分でアプローチして転職先を決めた

転職活動では、転職サイトにてエージェントの紹介も受けましたが、気にいる求人がなく、自分でホームページで調べ直接今の株式会社に問い合わせ面接をお願いしました。エージェントの紹介と自分での転職活動で計5件に3ヶ月ほどで合格通知をもらいその中から自分で選んだ会社に転職を決めました。転職サイトを見てて思うのは、エージェントの連絡が多い割に同じような求人が多いので選びにくいのと、優遇が効きにくいので自己交渉した方が早かったです。

 

年収で200万もアップできた

自分で探したとはいえ、交渉もしっかりできたと思います。その結果、給料がかなり上がったので転職してよかったです。年収で200万ほどのアップになりました。今後もどのように仕事をしていくか考えています。

 

自分でしっかり交渉できたのが大きいです

初めての転職活動で転職サービスを利用してみましたが、同じような求人ばかり勧められた印象です。また条件交渉も自己で行う方が優遇がよかったです。

 

今後はコンサルタントの業務にも興味が出てきた

今回、自分で会社を探して、労働条件も交渉して転職活動を成功できた経験から、今後はキャリアアップのための医療系のコンサルタント業務に転職しようかと考えており、資格取得しようと思っています。

 

しっかり確認することが失敗しない転職の要

実際に面接を受けてみると、求人の記載内容と異なる場合も多いです。あとから後悔しないように、面接時、自分のこだわりのある部分や内容が不明瞭であるものはしっかり確認すべきです。