労働環境が悪く退職を決意

2018年11月30日経験年数5年以上

これまでのキャリア

女性 30歳 回復期病院3年、急性期病院2年、回復期病院3年、訪問リハビリをバイトで2年

 

労働環境が悪く退職を決意

はじめに勤めていた回復期病院ではボーナスが満額出ないうえに、リーダーの好き嫌いでボーナスの金額に差がつけられていました。あとは残業代が全く出ない。勤務時間を過ぎている分を後に「私は今月、以下の時間に残っているが残業は申請しません」という申請書類を書かされていました。結局、慕っていた先輩セラピストが辞めるのに合わせて辞めた。

 

2度の転職とも転職サービスは利用していません

転職するにあたり特にサービスは使用していなません。1回目の転職では自分でネットで検索して自宅から通える病院に決めました。辞めるときは辞めたい時期の半年前に報告しました。病院のローカルルールで半年前に伝えないといけないことになっていたからです。退職の意志を伝えてから就職活動を始めて面接を受け、転職先が決まりました。転職活動に要した時間は2か月程度でした。

また2度目の転職のときもサービスは利用していません。2度目は同期の紹介で転職しました。何も言わずに在職中に先に面接を行い、採用が決定している状態で勤務していました。こちらは辞めたい2か月前に報告し、2ヶ月で引継ぎをして転職しました。また転職のタイミングでは、中途採用で入職する際に新入職と同じタイミングになると研修などが大変なので、わざとずらし3月入職させてもらいました。

 

トータルで考えて労働環境は良くなりました

転職を重ねた現在は、勤務時間の変動が少なくなって通勤が楽になり、身体的負担もかなり減りました。給料はそんなに上がっていませんが、ボーナスが確実にもらえるようになったのでそれはよかったです。

 

同僚や友人などのつながりがあったから上手くいった

転職を振り返って良かった点は、同業の中での情報共有が得られたのでそれがとてもよかったです。転職サービスを使うといいところばかりが押し出されるイメージがありますが、知人だと利害関係なしで内情も聞けるところが良いです。

 

在宅に強いセラピストになりたい

将来的には在宅でのリハビリに強いセラピストになりたいと思っています。そのためにケアマネージャーの資格も合わせて取得し、職域の幅をひろげていきたいです。

 

転職活動では優先順位をしっかりと決めたほうがいい

当たり前ですが、転職する際は給料の交渉もしっかりとすべきです。またその転職するときの自分の中で何を1番に優先して転職しようとしているかを明確にする。立地条件かお金の問題か教育体制の問題など、その辺を整理すれば後悔しない転職ができるのではないでしょうか。

 

リハビリ業界に対する要望

この業界はまだまだセラピストの給料が安いので、もっともっとリハビリ業界を盛り上げていってほしいです。