理学療法士のキャリアアップの為に、さまざまなPTの転職経験を共有し、参考にしてもらう事を目的としたサイトです。

体調不良とスキルアップが転職の動機

 
この記事を書いている人 - WRITER -

これまでのキャリア

27歳 女性 言語聴覚士、総合病院1年、老健1ヶ月

 

体調不良とスキルアップが転職の動機

体調不良に悩まされたのが1番大きな理由ですが、祖母が利用している老健でも経験してみたいと思ったからです。見学はしたことがあったのですが、高齢者が増加していく日本では今後必ず需要が高い施設です。そのため、自分のスキルアップで転職しました。

 

祖母の利用している老健へ1か月の転職活動で転職

1ヶ月の内に決まりました。元々、知っている相手先でしたので、募集しているかを確認後、電話連絡にて1週間後に面接となりました。産休に入っている言語聴覚士の方の代わりをして欲しいとのことで、1年間の期間雇用の非常勤という形でした。今後、施設拡大の可能性があるとのことで、期間雇用後も長期契約を視野に入れられますとのことでした。面接後、1週間で採用の連絡をもらい、当時やっていたアルバイトの引き継ぎを終えてから採用していただきました。

 

転職は失敗だった

転職した結果は悪かったです。まず給料は上がりませんでした。またスタッフ間のコミュニケーションや事務方とのやり取りがやりづらい職場でした。休みは取りやすかったと思いますが、総合的に失敗でした。

 

もっと福利厚生をしっかりと確認するべきでした

転職が失敗した原因は、身内が利用しているからという理由だけで安心してしまったからだと思います。もっと良く労働環境や福利厚生などの話を聞いてから考えるべきでした。

 

体調を立て直してからもう一度職場を探したい

今後は、まずは自分の体調を整えてからもう一度新しい職場を探そうと思っています。高齢者が増える世の中ですので、需要に応えていきたいです。

 

本当に働いて行けるかしっかり調べることが必要だと勉強になった。

自分の働き方ができる場所かどうか、しっかり調査をしてほしいです。給料や休みの取り方もそうですが、福利厚生や居心地も参考にして選んで欲しいと思います。STは需要があるので資格があればどこでも働けます。しっかりと調べて自分の合った職場を見つけてください。

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!