理学療法士のキャリアアップの為に、さまざまなPTの転職経験を共有し、参考にしてもらう事を目的としたサイトです。

待遇面、人間関係で転職を決意

2019/02/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これまでのキャリア

30歳 男性 総合病院7年、施設1年

 

待遇面、人間関係で転職を決意

1.上司からのパワハラがひどい(飲み会への強制参加、他人の悪口、業務時間外労働の強制、無視などの精神的苦痛、学会への強制参加および登録)
2.給料が安い(一般的企業より2割程度安い)
3.研究活動を有志で行なっているが、ほぼ強制
4.サービス残業が多い(月に30時間ほどサービス残業)
5.有給を希望通り取れない

 

転職活動の具体的な内容について

1.職場の先輩へ相談(1ヶ月ほど) →転職経験のある職場の先輩に、転職の方法を相談
2.インターネットで求人情報を調べた(3ヶ月ほど) →マイナビコメディカル転職サイト、インディード、近隣の病院や事業所(訪問リハビリ、老人保健施設、特別養護老人ホームなど)のホームページを閲覧
3.母校の求人センター(1ヶ月ほど) →母校にきている求人情報を閲覧、面接の指導を受けた
4.仕事で知り合った同業者への相談(1ヶ月ほど) →同業者へ理学療法士を募集していないか問い合わせをした

 

転職して正解だった

【理由】
・上司からのパワハラがなくなった
・給料が上がった
・休みを取りやすくなった
・残業代が正当につくようになった

 

転職の成果についての要因は?

1.職場の先輩へ相談(1ヶ月ほど)
2.インターネットで求人情報を調べた(3ヶ月ほど)
3.仕事で知り合った同業者への相談(1ヶ月ほど)
上記全てを行なったことで、自分が求めている職場を探せることができた。

 

今後のキャリアについて

現在従事している施設の施設長になることが当面の目標。そこで、経営、介護保険事業のノウハウを習得し、今後、訪問リハビリを起業し、フランチャイズ展開することが最終目標。

 

リハビリ業界を目指す人へ

リハビリテーション職は素晴らしい仕事だと感じています。特に素晴らしい点は、自分のやる気次第で病院や施設、起業など様々な環境で働けるところです。一人でも多く、熱い志を持った理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方が育ってくれることを心より願っています。

 

リハビリ業界に対する要望

まだまだ社会的認知度が低く、看護師よりも社会的地位が低いため、これから社会全体がリハビリに対して正しい認識(リハビリで出来ること、出来ないことを理解して頂くこと)をして頂けるようにしたい

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!