理学療法士のキャリアアップの為に、さまざまなPTの転職経験を共有し、参考にしてもらう事を目的としたサイトです。

育児への理解が無い職場だったため、転職を決意

2019/02/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これまでのキャリア

34歳 女性 老人保健施設(訪問リハビリ)9年 老人保健施設(パート)3年

 

老健で訪問リハビリの立ち上げに携わっていた

理学療法士免許を取得し12年です。卒業後は、老人保健施設に9年勤務していました。そこで、訪問リハビリを立ち上げ、訪問専属で勤務していました。出産を期に退職し、退職から約1年半後に復職しました。

 

育児への理解が無い職場だったため、転職を決意

卒業後に勤務していた施設の仕事内容が忙しく、育児に対しての理解があまりない職場でした。出産後に復帰しても、子どもの発熱や行事での休みが取りにくいと思い、産休は取らずに退職しました。出産後、転職の際の一番重要視した部分は、子どもを優先に考えてくれるという点で探しました。

 

転職サービスに登録後、1か月程度で内定

いつかは復職したいという軽い気持ちでPTOTバンクに登録し、すぐに転職サービスの方から連絡が来ました。最初は、育児と仕事を両立できるか不安だったので、職探しをためらっていましたが、スタッフの方の話を聞き、育児を優先に出来て、まずは短時間から始められる職場もあるという事を知ったので、条件に合う職場を探してもらいました。その日のうちに、3箇所程ピックアップしてくれ、この中で気になる2箇所の面接の日取りを3日程で決めました。転職サイトに登録後、2週間程の期間で面接を行い、1ヶ月程で内定したと思います。

 

パートとして復職し育児と両立できている

転職先も老健ですが、パートとして復職したので仕事内容は以前勤めていた施設よりも格段に楽になりました。以前のキャリアも考慮して頂き、時給も希望にほぼ沿えてくれました。育児も優先でき、転職して本当に良かったと思います。

 

こちらの希望をしっかりと伝えられたのが良かった

転職サイトから連絡があったときに細かくこちらの希望を伝え、その希望に合う職場を転職サービスの担当スタッフの方が迅速にピックアップしてくれたので、スムーズに転職が進んだのだと思います。

 

育児が落ち着いたらまた訪問リハもやりたい

今のところは、育児を優先にしながら働いていますが、もう少し子どもの手が離れたら、訪問リハビリもできる職場で働きたいと思っています。

 

リハビリ職なら誰でも良いという時代ではなくなってきている

以前と違い、リハビリ職なら誰でも良いという時代ではなくなり、採用する側がキャリアや個性で判断するようになってきたと感じます。自分が積んできたキャリアをふんだんに生かせる職場に転職するには、何がやりたいか、何を優先するかをしっかり描いて、職場を探すと良いと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!