理学療法士のキャリアアップの為に、さまざまなPTの転職経験を共有し、参考にしてもらう事を目的としたサイトです。

子どもが生まれて子育てに集中したいと思い転職を決意

2019/02/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

これまでのキャリア

36歳 女性 理学療法士、急性期15年

 

子どもが生まれて子育てに集中したいと思い転職を決意

子どもが産まれ子育てに集中したいと思うようになりました。今の職場は急性期病院で急な残業も多く子どもにも我慢させてしまうことが増えたので時間や休みなど融通の利く職場を検討しようと思いました。また前の職場はフルタイムでの勤務になっています。

 

母校の恩師に相談し就職先を紹介してもらった

転職を決めた時はすぐに上司に報告と相談し転職活動を始めました。また母校の恩師に相談に行き、どこか良い職場はないか相談しました。数日で返事が来ていくつかの施設や病院を紹介してもらいました。その中で2つに施設をしぼり、見学に行けるように電話連絡をして見学に行きました。最終的にその2つの施設から1つを選び就職先を決めました。決まってからは履歴書を提出し、面接をしました。就職を決めてから全てが決まってしまうまでに3カ月ほどかかりました。

 

転職してゆとりができた。給料は下がったが満足している

転職して定時で帰宅できるようになりました。また土日・祝日も休みになりました。給料は以前の職場より下がりましたが満足です。

 

すべて地元だったので、なにかと融通がききやすかったと思う

私の場合は地元に就職していて、母校も地元にある所だったので相談に行くことが出来たことが良かったと思っています。さらにそこから直接見学に行くことが出来たのも有難かったです。

 

子育てしながら働ける環境はありがたい

子育てをしながら働ける環境がきちんとしていると安心して働けます。現在、認知症ケア専門士や福祉用具プランナーなどの資格を持っているのでさらにこれらの知識を深めて行きたいと考えています。

 

自分の軸がぶれないようにしたほうがいい

就職、転職では今の自分に何が必要で何が妥協できるかをしっかりと見極めることが大切だと思います。あとは働きたい内容の軸がぶれないようにした方が良いと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
error: Content is protected !!