理学療法士の就職・転職

理学療法士のダブルライセンスについて

資格はたくさんあったほうが重宝する、就職も安定すると考えてダブルライセンスを目指している人いませんか。

私が今まで会ったダブルライセンスの取得を目指している理学療法士

今のうちの職場には居ませんが、私の専門学校時代、実習先の病院にはいわゆるダブルライセンスを目指している理学療法士さんがいました。

彼は鍼灸師の資格取得を目指していて、昼間は病院で理学療法士として働きながら夜間の鍼灸師の専門学校に通っていたようです。

臨床実習中も鍼灸に関する知識も織り交ぜながら指導していただき、とても楽しかったのを覚えています。

また私の専門学校時代には、鍼灸師・看護師の資格を既に取得したクラスメイトがいました(凄すぎ 笑)。

彼はゆくゆくトリプルライセンスを取得して開業をするのだと話していました。

鍼灸師と看護師の資格だけでも十分に世を渡って行けそうですが、彼曰くリハビリの分野に関しては理学療法士の資格が欠かせないとのことでした。

結局は臨床実習で散々そこを突っ込まれて辞めてしまいましたが・・・(何がやりたいのか曖昧だとの指摘)。

いったい何だったのでしょうかね。今はどうしているか知りません。

一体何のためにダブルライセンスを取得するのですか?

開業を見据えて様々な資格を取得し知識を蓄えるというのは、確かにありなのかもしれません。

しかし実際に何処かの病院や施設で職員として働くのであれば、結局はいずれかの資格で仕事をすることになりますので、例えば「私はこの病院で理学療法士と看護師の仕事を兼務しています」などという人は、少なくとも私は聞いたことがありません。

どちらか一方の資格で職員として働いていると、おそらく日常の業務ではそれほど変わり映えしないでしょう。やることはどちらか一方の仕事だけな訳ですし。

知識としてはもちろん役に立つこともあると思いますが、資格取得のために学校で得た知識よりも、むしろ実際の臨床現場で仕事を始めてからのほうが覚えることはたくさんあります。

ですから費用対効果と言ったらおかしいですけど、あまり見合わないと思います。

現場で仕事をしていれば理学療法士の職域だけでなく他職種の職域についても嫌が応にも知識が必要になってきます。そしてそういった知識は学校で学ぶものではなく、職場で学ぶものがほとんどですから。

ダブルライセンスについて否定するわけではありませんが、どのような目的で取得するのかということは明確にしておくべきでしょう。

もちろんお金も時間も滅茶苦茶かかりますから、安易な考えで決断しているわけでもなく、明確な目的、目標があるという人が大半だとは思っています。

実際にそういった方々に話を聞くと、大抵は皆さん独立開業を目指されていますしね。

そうでないと結局一般的な職場では1つの資格で働くことになるわけですから、給料もあまり変わらないように思います。

資格手当が貰えれば少しは変わるかもしれませんが、ダブルライセンスだから給料もダブル!というわけにはいきませんよね。ダブルライセンスを取得するに見合った対価が得られれば良いと思いますが、そうでない場合がほとんどではないでしょうか。

個人病院やクリニックなどでは融通が効いたり、人手が足りなかったりもするでしょうから、もしかしたらそのようなケースもあるのかもしれませんが、少なくとも私はそういった方々を知りません。

繰り返しますが、何となく資格がたくさんあったほうが食いっぱぐれが無くて将来が安心だからという思考の人にはお勧めしませんね。何のためにその資格を取得するのか、将来のビジョンを明確にするべきでしょう。

資格の取得が最終目的になるのではなく、それらの資格を取得して最終的にはどうしたいのかということです。

どうしたいのかが先に来ないとダメですよね。そのためにこの資格が必要だから!と。

 

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

 

]]>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
PT.理学療法士の憂鬱を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

PT.理学療法士の憂鬱

ピックアップ記事

  1. 「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?
  2. 理学療法士(作業療法士)の彼氏(彼女)に仕事道具のプレゼント8選
  3. 新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  4. 理学療法士に英語は必要!? 英語が使えないと仕事ができない?
  5. 理学療法士とは?作業療法士とは?仕事内容、役割の違いをわかりやすく簡単に!

関連記事

  1. 理学療法士のリハビリあるある

    病院に勤めていて私自身が理学療法士の立場で感じていること

    今日は病院に勤めたての頃に、私自身が感じたことについてお話したいと思い…

  2. 理学療法士の仕事

    私が理学療法士の資格をとった理由。やりがい?仕事内容?

    理学療法士(リハビリ)の仕事に興味があって、進学しようか、資格を取ろう…

  3. 理学療法士の就職・転職

    「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?

    理学療法士はとてもやりがいのある仕事だと思います。しかし仕事の本質…

  4. 理学療法士の給料

    理学療法士として2回の転職経験。整形外科は残業が多く休日も働いていた

    理学療法士の転職経験談をシェアする記事です。経験や年齢の違うさまざ…

  5. 理学療法士の給料

    子どもが生まれて子育てに集中したいと思い転職を決意

    理学療法士の転職経験談をシェアする記事です。経験や年齢の違うさまざ…

  6. 理学療法士の給料

    患者さんとじっくり向き合うことが難しく、やり甲斐を感じられず転職

    理学療法士の転職経験談をシェアする記事です。経験や年齢の違うさまざ…

特集記事

  1. 理学療法士 彼女
  2. 給料格差
  3. 転職 タイミング

最近の記事

PT.理学療法士の憂鬱|SNS

  1. 理学療法士の給料

    理学療法士の平均月収をコメディカルで比較 2019年最新データ(2018年度版)…
  2. 理学療法士の就職・転職

    新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  3. 理学療法士の給料

    理学療法士の給料は安い!をデータで比較。逆転の年収アップ方法とは?
  4. 理学療法士 彼女

    理学療法士の恋愛

    【理学療法士の恋愛事情】患者さんに好意は抱く?脈ありのサインは?
  5. 理学療法士の給料

    【年収580万 私の転職履歴】給料が安い理学療法士は転職するべき!
PAGE TOP
error: Content is protected !!