理学療法士の就職・転職

【年収580万 私の転職履歴】給料が安い理学療法士は転職するべき!

回りくどいこと言うつもりはありません。

理学療法士給料安いですよね。

せっかく人の役に立つやりがいのある仕事なのに、給料が安いから将来に不安があったり続けていこうか悩んだり、誰でも考えていると思います。

だから一部の優秀な人は、給料が良い養成学校の先生になったりもしています。

理学療法士でリハビリをメインに仕事をしていくことを考えた時、給料を上げるには転職するしかありません。

なぜなら同じ職場にずっといても、役職に就かない限り給料が上がらないからです(しかも役職に就くとマネージメントが主になる)。

実際に過去の私自身がそうでした。

理学療法士の平均年収は?

理学療法士の平均年収は一般企業のサラリーマンと比べても少なく、今後も上がる見込みはないと言われています。

理学療法士の平均年収は約406万円

厚生労働省の発表・平成28年賃金構造基本統計調査では、理学療法士の平均年収は約406万円(平均年齢31.8歳、平均勤続年数5.3年)です。

引用元:厚生労働省の平成28年賃金構造基本統計調査/PTOTSTWORKER

医師を含めた医療職の中では5番目の年収で中間的な位置ですが、同年代サラリーマンの平均年収410万円を下回っています。

年収が増えない理由は資格者の増加

引用元:理学療法士SGMの備忘録

養成校の乱立で理学療法士の希少価値は下がり、需給バランスが崩れて完全に年収は低下傾向です。

一方で、厚生労働省・平成28年賃金構造基本統計調査では、理学療法士は他の職種と比べ若年層の占める割合が大きいと言われています。

  男性理学療法士 女性理学療法士
20代 48% 53%
30代 36% 32%
40代 12% 11%
50代 2% 3%

このように「若年層が多いから理学療法士の平均年収が低いのではないか」とも一部で言われていますが、やはり主な原因は圧倒的な有資格者の増加でしょう。

それに加えて診療報酬が年々減っていることも影響しています。

したがって今後も理学療法士の給料は「減ることはあっても増えることは無い」と予想されます。

理学療法士が年収を上げる方法は具体的に3つ

理学療法士が年収を上げるには3つの方法が考えられます。

  • 訪問リハやデイサービスの立ち上げ
  • 整体師として独立開業(PTは開業できない為、自費診療で)
  • 条件の良い職場へ転職

しかしサービスの立ち上げや独立開業のハードルはものすごく高いですし、失敗のリスクもあります。

そう考えると年収をアップさせる一番現実的な方法は、転職するという事になります。

私の理学療法士としての転職履歴

私は社会人になってから専門学校に通い理学療法士に転職しました。

もっと熱心に人と関わる仕事がしたかったからです。

そして学校卒業後、まずはじめは急性期病院に就職しました。

バイタル管理をはじめいろいろなスキルを身に着けるには急性期が一番だと思ったからです。

しかし急性期病院は多くの理学療法士に人気の職場。需要と供給では供給過多で、給料が安いうえに業務量は多く激務です。

それが解っていても勉強のために、はじめは急性期に就職する人が多いです。

けれど私も仕事に慣れてくるにつれ、やはり福利厚生が気になりはじめました。

毎年の昇給額は2000円。

「やりがいはとてもあるけれど、このまま今のポジションに居てもずっと給料は変わらない。」

そう思って3年務めた最初の病院から転職することを決意しました。

仕事をしながら転職活動しておよそ半年、次に転職したのは、実はまたまた急性期の病院でした。

給料アップも実現したいけれど、その時は自分のやりたい心リハの分野があり、その勉強のためにも転職したいというのがありました。

結局、最初の転職では年収が60万円アップできました。

私はPTになってから東京都内の病院に就職しましたが、転職先も同じ東京都内でした。

同じ環境なので給料は変わらなそうですが、やはり病院によって待遇は全然違うことを実感しています。

また新卒ではなく、経験者は即戦力になりますので、採用する側も厚待遇で迎えてくれます。

理学療法士は余っていると言われていますが、自分の実力次第ではまだまだキャリアアップはしていけると思います。

そんなわけで、やりたかった心リハの分野が勉強できる病院へ転職し、更に年収も60万アップで440万円になりました。

 

仕事は充実していたが更に収入アップが必要になった

2か所目の急性期病院に転職して、それから4年ほど経ちました。

心リハの業務にどっぷりと浸かり、日々充実した仕事をしていました。

急性期病院ですから回転は早く、激務ということは変わりなかったですけどね。

しかしこの4年の中で色々とありました。

結婚する機会に恵まれ、また家族が増えることにもなったのです。

妻も同じ医療職で共働きしていましたが、産休の為に仕事はしばらく休まないといけないことになり、結局妻は勤めていた職場を辞める形になりました。

そして自分一人であれば年収440万円はまずまずの給料でしたが、妻と生まれてくる子供を支えていくためにはもっと収入が必要だと考えました。

そこで私は理学療法士として2度目の転職をすることにしました。

この時点では、ある程度自分のやりたいことをやってきて、経験も積んでいます。

1度目の転職では給料面と勉強面を理由に転職しましたが、2度目の転職では「給料を上げたい一心」で職場を選びました。

そして訪問リハビリの分野へ転職しました。

結果的に給料はさらに上がり年収は580万円まで上がりました。

訪問リハビリはインセンティブを設けている職場が多く、やった分だけ収入に反映されます。

私はここに魅力を感じ、転職しました。

転職して給料だけでなく時間にもゆとりが持てるように

転職してからは在宅の分野で新しい経験を積んでいますが、福利厚生面で給料が上がっただけでなく、時間にゆとりが持てるようになりました。

急性期病院時代は忙しく残業も多かったのですが、訪問リハビリを始めてからは残業も無くなり、家族と過ごせる時間も増えたのでとても良かったと思っています。

また急性期時代は給料が安いこともあり、残業をすることである程度を収入を確保していた面があります。

そのような方も多いと思いますが、よくよく考えて残業ありきの給料計算ではとてもキツイと感じていました。

ですから訪問リハビリに転職することで残業はほとんどなくなり、給料もアップできて本当に良かったと感じています。

厳密に言えば、訪問リハビリでは自分で仕事量を調節できます。

だから稼ぎたい人は訪問件数を増やし、インセンティブで収入を増やしていきます。

私も稼ぐために訪問件数は多めですが、それでも受け身で残業していた頃よりも早く上がれていますし全く問題ありません。

何より給料が固定で決まっていた働き方よりも、やった分だけ稼げるというのはモチベーションも維持できるのでとても良いです。

この記事を書いたのは、私のようにもし給料面で悩んでいる人がいれば、良いモデルケースになるのではないかと思っているからです。

ですからもし、理学療法士の仕事は好きだけど給料が安いのが悩みと考えている人がいれば、躊躇することなく転職をお勧めします。

理学療法士は多くが学校求人で就職しているから就職活動は不慣れ

私が学校を卒業して初めの病院に就職した時、ほとんどの学友は学校に来た求人に応募して就職していました。

狭いリハビリ業界では、これはきっと他の学校でも同じだと思います。

ですからもし理学療法士になってから初めて転職しようと思った時、どうして良いか解らないという人が多いのではないかと思います。

実際、私のPTの友人でも転職をどうしたらいいか相談してきた人が何人かいます。

私自身はもともと一般企業で社会人をしていたので、就職経験も転職経験もありました。

だからどうやって転職したらいいのかというノウハウは、新卒社会人で理学療法士になった皆よりはありました。

転職活動ではエージェントを使うことが一般的

私は社会人から学校へ通い、理学療法士として病院に就職し、さらに転職を繰り返してきましたが、全ての就職活動で転職エージェントを利用しています。

これは何も珍しいことではなく、大学を卒業して一般企業に就職活動する時は、皆リクルートなどの大手就職エージェントに登録します。

そこで履歴書や職務経歴書、面接対策や企業研究などを行います。

私も大学新卒で就職活動した時はリクルートに登録しました。

そのような常識があったので、私はリハビリの学校を卒業して就職するときに、皆が学校求人に目を凝らしていたのをよそに、エージェントに登録して就職活動をしました。

それから前述のように理学療法士として2回の転職を経験しましたが、いずれもエージェントを利用しています。

 

転職エージェントを利用することのメリット

転職エージェントを使ったことが無い方の為に、エージェントを利用することのメリットをいくつか挙げます。

  • 忙しい仕事をしながら転職活動する際の心強い相談役になってくれる
  • 求人の紹介のほかに、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策も行ってくれる
  • 就職先との折衝(見学・面接のセッティング・給料交渉)や聞きずらい情報の収集(離職率や昇給、賞与実績など)

簡単にいくつか挙げてみましたが、どれもメリットがあるのがわかるかと思います。

本当にわかりやすい言い方をすると、自分一人で転職活動をするのではなく、もう一人の応援者と一緒に転職活動するというイメージです。

だから情報収集も事前準備も交渉も全て倍速で事が運びます。

参考までに、以下は私がPT新卒時に利用したエージェントとのメールのやり取りです。

このように職場見学の相談や履歴書の添削も行ってくれ、就職活動を全面的にバックアップしてくれます。

なによりエージェントさんはその業界に特化していますから、ハローワークなどには無い非公開求人も多く抱えています。

私の場合とても助かっているのは、転職する時の給料交渉ですね。

とても大事な事ですが、これはなかなか自分一人で交渉するのは難しいです。

そして第三者に自分の評価を後押ししてもらい、給料交渉をするのはとても有効な手段ですのでお勧めです。

またこれだけメリットがあるにもかかわらずサービスの利用料は無料。

エージェントは就職先の企業から報酬を得る仕組みになっているからです。

無料で就職活動をサポートしてくれる仕組みを、利用しない手は無いですよね。

しかし前述しましたが、新卒理学療法士は学校求人で就職している人が圧倒的に多いので、この事実を知らない人が結構いるんです。

だから間違った就職活動をしない様に、老婆心ながら進言します。

間違ってもハローワークは利用しません。

ハローワークは昔よりも良くなっていると思いますが、まだまだ遅れています。

情報が古かったり、福利厚生が怪しい会社も平気で登録されています。

また情報が古いだけでなく流動性にも乏しかったりします。

お役所仕事だからでしょうか。

母校に相談に行く人も稀にいるかもしれませんが、いつまでも学校にも頼ってられませんし、卒業すると嘘のように疎遠になりませんか?

あとは知人のツテですね。これが使える人は積極的に使ったほうがいいでしょう。

内部事情を知ることは転職を有利に進めることになりますから。

情報収集力の差が、結果の違いを生む

今の職場に給料面以外に不満を持っている人も居ると思います。

就職したは良いけれど、こんな職場だと思わなかった。

こんなはずじゃなかったと。

これはいわゆるミスマッチ就職と言われるものです。

そしてミスマッチがなぜ起こるのかと言えば事前の情報収集が足りなかったことが一番の原因です。

もっとしっかりと調べていれば、この事実を知っていれば、もしかしたら就職していなかったかもしれないと思うことは誰でもあります。

そして事前の情報収集は、一人でやるのは限界があります。

ヤバい就職先を紹介されそうになったエピソード

余談ですが、私は専門学校に在籍していた時に、先生から就職先を紹介されたことがありました。

「○○君にはこの職場がいいんじゃないかな。」といった風に。

後で分かったことですが、その職場はとても激務で離職率が高い病院で有名だったのです。

専門学校は特に就職率を標榜していますから、何が何でも就職させたい面はゼロではありません。

だからこのような情報を鵜呑みにして就職し、失敗している人もチラホラと聞きます。

「就職してからたった3か月で辞めました」など。

転職ではこのような二の轍は絶対に踏んではいけません。

だからこそ情報収集はシッカリと行いましょう。

そして情報収集は1人よりも2人、2人よりも3人で行ったほうが効率的です。

その意味でも、もう一人の情報収集役、転職エージェントを活用することを積極的にお勧めします。

 

転職も「人の出会い」と同じように巡り合わせで決まる

勘違いしている人がいますが、転職エージェントというのは登録したら絶対にすぐ転職活動をスタートしないといけないという強制はありません。

転職活動にかける期間は人ぞれぞれで、1か月の人も居れば3か月・半年・1年の人も居ます。

私の最初の転職活動は約半年かけて行いましたが、その時はすぐにでも転職したかったわけではなく、いい求人があれば応募したいというスタンスでした。

だから結果的に半年ほどかけて転職活動を行いました。

ですからもし転職の意志が1ミリでもあれば、まだ具体的には決まっていなくても、情報収集という意味で登録しておいて損はないと思います。

人の出会いと同じように、良い職場も本当に巡り合わせだと思うので、いつどこにチャンスが転がっているかわかりません。

そのチャンスを逃さない為にも、常にアンテナは張っておくべきでしょう。

エージェントはリクルートがもっとも有名ですが、リハビリ業界ではまた別のエージェントがいくつかあります。

ちなみにリハビリ業界、理学療法士(作業療法士・言語聴覚士)の転職エージェントでは、有名な➡マイナビコメディカル、業界大手の➡メドフィットPTOT人材バンクあたりが登録も簡単で分かりやすく、対応も丁寧なのでお勧めです。

エージェントは登録制限がないので、例えば急ぎで転職活動したい場合は2社3社と登録することでその分倍速で情報収集・転職活動ができるというイメージを持ってください。

しかしながら欲張って4社・5社と登録するとかえって煩雑になり、非効率的になってしまいますから、そこはくれぐれもご注意ください。

この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

 

リハビリ業界の有名転職エージェント
➡ マイナビコメディカル

リハビリ業界の大手転職エージェント
メドフィット PTOT人材バンク

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
PT.理学療法士の憂鬱を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

PT.理学療法士の憂鬱

ピックアップ記事

  1. 理学療法士に英語は必要!? 英語が使えないと仕事ができない?
  2. 新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  3. 【年収580万 私の転職履歴】給料が安い理学療法士は転職するべき!
  4. 【理学療法士の恋愛事情】患者さんに好意は抱く?脈ありのサインは?
  5. 「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?

関連記事

  1. 理学療法士の仕事

    理学療法士(作業療法士)の彼氏(彼女)に仕事道具のプレゼント8選

    理学療法士(作業療法士)の彼氏(彼女)がいて、就職祝いや誕生日に何をプ…

  2. 理学療法士の就職・転職

    理学療法士と看護師はどっちが難しい?資格の取得や仕事の内容

    医療職を目指すときに様々な職業がありますが、理学療法士とよく比較される…

  3. 理学療法士 定年

    理学療法士の仕事

    理学療法士は体力的に大変?定年までは難しい?私の本音

    理学療法士になるために年齢制限はあるのかということについて。実際に…

  4. 理学療法士の就職・転職

    「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?

    理学療法士はとてもやりがいのある仕事だと思います。しかし仕事の本質…

  5. 理学療法士の仕事

    心房細動管理における治療の難しさ 備忘録

    超高齢社会にともない、AF発症が増えている。AFを合併する虚血性心疾…

  6. 理学療法士の就職・転職

    理学療法士のダブルライセンスについて

    資格はたくさんあったほうが重宝する、就職も安定すると考えてダブルライセ…

  1. 理学療法士の就職・転職

    【年収580万 私の転職履歴】給料が安い理学療法士は転職するべき!
  2. 理学療法士の就職・転職

    新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  3. 転職 タイミング

    理学療法士の就職・転職

    【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?
  4. 理学療法士の給料

    理学療法士の給料は安い!をデータで比較。逆転の年収アップ方法とは?
  5. 理学療法士の給料

    理学療法士の平均月収をコメディカルで比較 2019年最新データ(2018年度版)…
PAGE TOP
error: Content is protected !!