理学療法士の給料

理学療法士と看護師はどっちがいい?給料、恋愛、結婚は?理学療法士から見た看護師の仕事についての印象も。

理学療法士と看護師の違いについて。資格を取るならどっちがいいか、迷っている人が多いようです。

また仕事上の連携や、恋愛・結婚事情など、公私の関係も気になるようです。

ここでは理学療法士看護師の違いについて、まずは給料、仕事内容などを簡単に比較してみたいと思います。

さらに理学療法士と看護師の仕事上の連携や、理学療法士と看護師の結婚、恋愛事情、理学療法士の私から見た看護師という仕事の印象などもお伝えします。

理学療法士と看護師 給料の比較

平成28年賃金構造基本統計調査によると、企業規模別の理学療法士、看護師の給料を知ることができます。

データは男女それぞれありますが、ここでは男女の平均を出して職業のみで比較しています。

理学療法士(作業療法士)
企業規模(10-99人) 月収 29.7万 ボーナス 59.5万 年収 415.9万
企業規模(100-999人) 月収 27.6万 ボーナス 69.9万 年収 400.7万
企業規模(1,000人以上) 月収 27.9万 ボーナス 78.5万 年収 414.4万
看護師
企業規模(10-99人) 月収 31.3万 ボーナス 67.5万 年収 442.8万
企業規模(100-999人) 月収 33.1万 ボーナス 78.8万 年収 475.9万
企業規模(1,000人以上) 月収 34.8万 ボーナス 90.4万 年収 508.5万

給料を比較してみると、企業規模で差はありますが、全体の年収を平均してみると、理学療法士(作業療法士)が410.3万円に対して、看護師は475.7万円となります。

その差額は65.4万円となり、我々理学療法士の月収の2倍以上の差があります。

単純に年間で+2か月分給料が多いイメージです。羨ましいです。

理学療法士と看護師 勤務時間の比較

同様に平成28年賃金構造基本統計調査より、企業規模別の理学療法士、看護師の労働時間を知ることができます。

ここでは男女の平均を算出して職業のみで比較しています。

理学療法士(作業療法士)
企業規模(10-99人) 167時間 超過勤務 5時間
企業規模(100-999人) 163時間 超過勤務 4時間
企業規模(1000人以上) 158時間 超過勤務 9.5時間
看護師
企業規模(10-99人) 165時間 超過勤務 4時間
企業規模(100-999人) 159時間 超過勤務 4.5時間
企業規模(1000人以上) 157時間 超過勤務 9.5時間

勤務時間を比較してみると、ほぼ同じ(1.5~3.5時間の差)で、むしろ理学療法士(作業療法士)のほうがやや多くなっています。

このように勤務時間だけ見るとほとんど差が無いですが(労働基準が定められているのである意味当たり前)、看護師さんの場合は夜勤があります。

ですから労働時間はあまり違いが無いとはいえ、看護師さんのほうが重労働と言えるでしょう。

夜勤のある看護師さんを見ていると本当に大変だと思いますよ。

けれど看護師さんに話を聞くと、日勤よりも院内活動が少ないので楽だという意見も聞いたことがあります。

実際の所はどうなんでしょうかね。

仕事量は軽減されても、勤務時間が不規則であるのはやはり大変だと思います。

理学療法士と看護師 仕事内容について簡単に比較

ここでは病院勤務の理学療法士、看護師の仕事内容について簡単に比較しています。

理学療法士の仕事について

理学療法士は病院に入院している患者さんのリハビリをするのが主な仕事です。

リハビリですから仕事時間は日勤のみです。

そして基本的には重篤な状態にある患者さんはリハビリの対象にならないので、医療上のリスクは看護師さんに比べれば少ないと言えるかもしれません。

ただしICU(集中治療室)では術後の患者さんのリハビリも行うのでその限りではありませんが、それでも状態が悪い患者さんのリハビリは基本的には行いませんので、介入中に患者さんが死亡するケースはごく稀だと思われます。

血圧低下などが原因となる意識消失のレベルであれば割とあったりします。

看護師の仕事について

対して、看護師さんの仕事は多岐にわたります。

手術の準備や助手(オペ看[オペ室看護師]は職場の割り振りとして病棟看護師とは別になっています)、急変患者さんの対応、病棟での患者さんやご家族の対応、患者さんの入退院の対応、患者さんの病棟移動(トランス)の対応、食事、着替え、排せつなどの対応。薬剤の投与や管理等々。

他職種の私が思いつきで挙げただけでも、これだけたくさんあります。

またICUの看護師さんは状態の安定していない患者さんの管理をするので、常に臨死の状況と隣り合わせにある状態です。

病棟でも急変時などは良く看護師さんが走り回っています。

それが24時間ですから気が遠くなりますね。

もちろん日勤と夜勤で交代してますけどね。

他人事ながら本当に大変だと思います。

理学療法士と看護師の仕事上の連携について

連携 協力

理学療法士が病院で一番関わり合うのは病棟の看護師さんです。

一方で、看護師さんは我々理学療法士と関わり合うのと同様に、ほぼすべての医療職と日々関わりあっています。

ここでは理学療法士の視点から、理学療法士と看護師の関係性について述べたいと思います。

日々の業務の中で、理学療法士は患者さんのリハビリを行い、そこから患者さんの動作レベルを評価し、これを病棟の看護師さんにフィードバックします。

これをもとに、病棟では患者さんの介助量などを踏まえ、院内の生活基準を決定します。

例えば起き上がりには介助がどの程度の必要であるとか、トイレは自立して行えるかなど。

更にこれは患者さんの回復具合によって日々変化していく内容です。

一方で、看護師さんから我々が提供してもらう情報は、リハビリに際してのその日の体調であったりバイタル状況、或いは動作レベルの評価から設定した患者さんの生活状況がその後は実際どうなのかというところです。

そしてこれらの情報をもとに、我々理学療法士は日々のリハビリのプログラム内容を修正し遂行します。

これを患者さんが退院するまで、毎日毎日繰り返していきます。

このように、理学療法士と看護師は患者さんの病棟での生活面を支えるべく協力し合い、さらには退院後の生活を見越して、日々の環境設定やプログラム設定を行っています。

理学療法士と看護師の恋愛、結婚について

恋愛 理学療法士 看護師

上記のように、理学療法士が日々の仕事の中で一番関わり合いが深いのは、職場の同業者以外では病棟の看護師さんです。

それはもう毎日毎日顔を合わせて、絶え間なく患者さんについての情報交換を行っています。

ですから自然と仲良くなってきます。

仕事中にも他愛もない話をしたり、それが高じて気軽に飲みに誘ったり誘われたりと、私もプライベートで良くご飯に行ったり飲みに行ったりと仲良くさせてもらっています。

最近は男性の看護師さんが増えてきましたが、それでもまだまだ女性が圧倒的に多いです。

ですから特に、理学療法士の男性と看護師の女性では恋愛関係に発展しやすく、現にうちの職場でも、理学療法士の3割程度は看護師さんとお付き合いしたり、或いは結婚したりしています。

病院では他にも院内の行事があったり、新しい看護師さんが入ってくると病棟で歓迎会があったりするので、そのたびに飲みに行ったりするご縁があります。

何を隠そう、実は私も看護師さんとお付き合いしています。

彼女は私が所属するチームが受け持つ内部疾患の患者さんのいる病棟で働いています。

日々仕事をしていく中で患者さんと接する彼女の明るさに惹かれ、彼女も私の仕事に対しての理解と興味を示してくれて、自然と仲良くなっていきました。

このように理学療法士と看護師は恋愛関係、更には結婚に発展しやすい職業なのです。

ちなみにうちの職場でも看護師さんと結婚している理学療法士は多いですが、皆さん共働きをしています。

そうすると上記の給料比較を例に挙げると、世帯収入にしておよそ900万程度になりますね。

例えば都心の病院に勤めている私と彼女の給料を足すと1,000万以上になりますので、もし仮に将来結婚したとしても、生活水準としては悪くないのではないかと思っています。

このように病院勤務の理学療法士は、職場の同僚以外では看護師さんとの接点が多い為、看護師さんとお付き合い、結婚しているケースがたくさんあります。

対して看護師さんですが、病院内での看護師さんは潤滑油のような役割を持っています。

我々理学療法士からの視点で見れば、接する機会が一番多い職種になるわけですが、看護師さんの側から見れば、看護師さんというのは病院内であらゆる医療従事者との懸け橋のような役割を果たしていますので、院内で働くほぼすべての医療従事者と恋愛、結婚へと発展する可能性を持っています。

医者、看護師、理学療法士、薬剤師、臨床工学士、臨床絵検査技師、栄養士・・・。

看護師同士では女性が多く、男性との接点が少ないと思いがちですが、周りを見れば決して男性が少ないというわけではありません。

ですから看護師さんの場合は、病院内で働くすべての男性が恋愛対象となるわけです。

私が理学療法士の資格をとった理由と、理学療法士から見た看護師の印象について

正直に言うと、私も理学療法士を志した時、同時に看護師の選択肢も考えたことがあります。

結局のところ私が理学療法士を選択した理由は、病気の祖母の片麻痺による不自由な生活を目の当たりにしたことや、家族の介護生活の大変さを実感したエピソードがきっかけの一つのとして大きいです。

しかし医療職を志そうと思ったときに、やはり看護師はメジャーな職業であり、世の中的にも給料が良いし、同じ医療職の国家資格で安定していると感じたので自然と興味を持ったというのは事実でした。

一方で激務であり、労働時間も不規則で、ストレスが多い仕事だという印象も持っていました。

患者・家族とのやり取りでは最前面に立ち、クレームや要望なども聞き入れ、同時に、入院患者の生活全般のお世話や急変時の対応も必要な仕事です。

本当に自己犠牲の精神が無ければ、この仕事は務まらないと思ったのです。

看護師さんは病院ではカスガイのような存在であり、全ての医療職の間を取り持つ潤滑油のような役割を果たしています。

極論の話をしてしまいますが、例えば理学療法士が病院に居なくても病院はある程度機能しますが、看護師さんが居ない病院は考えられません。

例えお医者さんが居たとしても、看護師さんが居なければ手術の準備すらできないし、患者さんの身の回りの世話もできません。

それだけ病院にとって、看護師さんは大きな存在だと思います。

逆に言えばそれだけの負担が看護師さんには掛かってきます。

同じ医療職として本当にいつも感謝していますし、尊敬しています。

人格的に難があったり、どうしようもない看護師さんも確かにいますけど(笑)、この仕事を志している時点で凄いと思っています。

というわけで最後は看護師さん賛美で終わってしまいましたが、ここまで書いてきた、他の医療職(理学療法士)から見た看護師の印象も一つの選択材料に使っていただければ幸いです。

ちなみに補足しておきますが、ここでの比較は病院勤務(もっと厳密に言えば急性期)だった場合のケースです。

理学療法士の給料も、医療機関以外で都心であれば500-600万円なども可能ですし、看護師さんだって日勤だけのもっと穏やかな勤務体系の職場もあります。

双方とも、意外と働き方には選択肢があるということです。

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

【高校生向け】全国の専門学校情報

【社会人・大学生向け】全国の専門学校情報

 

 

 

➡「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
PT.理学療法士の憂鬱を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

PT.理学療法士の憂鬱

ピックアップ記事

  1. 理学療法士は体力的に大変?定年までは難しい?私の本音
  2. 今、訪問リハビリの仕事が熱い! そのメリットとデメリットは?
  3. 【理学療法士の将来性】今後は需要が無くなる?
  4. 理学療法士とは?作業療法士とは?仕事内容、役割の違いをわかりやすく簡単に!
  5. 社会人から理学療法士になるために年齢制限はあるのか?

関連記事

  1. 理学療法士の仕事

    私が理学療法士の資格をとった理由。やりがい?仕事内容?

    理学療法士(リハビリ)の仕事に興味があって、進学しようか、資格を取ろう…

  2. 転職 タイミング

    理学療法士の就職・転職

    【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?

    今の職場を辞めると決めたら1日でも早く辞めたいものです。毎日が辛い…

  3. 理学療法士の給料

    理学療法士の平均月収をコメディカルで比較 2019年最新データ(2018年度版)

    理学療法士の給料、ここでは平均月収について2019年時点での最新データ…

  4. 理学療法士の給料

    日本の労働生産性は先進7か国で一番低い現実。将来について感じる事

    日本生産性本部は19日、労働生産性の国際比較を発表した。2017年…

  5. 理学療法士の恋愛

    病院勤務の理学療法士が、職場の結婚・恋愛状況をさらっと語る。

    私の勤める病院のリハビリの職場には、スタッフが総勢で約50人位います。…

  6. 理学療法士の仕事

    理学療法士の仕事 日々の仕事あるあるネタ

    理学療法士の仕事あるあるのコーナーです。理学療法士の仕事をしていて…

特集記事

  1. 理学療法士 彼女
  2. 転職 タイミング

最近の記事

PT.理学療法士の憂鬱|SNS

  1. 理学療法士の給料

    理学療法士の平均月収をコメディカルで比較 2019年最新データ(2018年度版)…
  2. 給料格差

    理学療法士の給料

    東京の求人にみる、理学療法士の給料格差 えっ?こんなに差があるの?
  3. 理学療法士 彼女

    理学療法士の恋愛

    【理学療法士の恋愛事情】患者さんに好意は抱く?脈ありのサインは?
  4. 理学療法士の就職・転職

    新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  5. 理学療法士の就職・転職

    【年収580万 私の転職履歴】給料が安い理学療法士は転職するべき!
PAGE TOP
error: Content is protected !!