理学療法士の仕事

私が理学療法士の資格をとった理由。やりがい?仕事内容?

理学療法士(リハビリ)の仕事に興味があって、進学しようか、資格を取ろうか迷っている人。

そんな人へ向けて、できるだけわかりやすく簡単に、リハビリの仕事について書いてみようと思います。

また、仕事内容については、他でも調べればわかると思いますが、ここでは私が理学療法士資格をとった理由、仕事をしてみて感じたこと、やりがい、良かったこと悪かったことも含めてお伝えできれば良いと考えています。

そもそもリハビリ(理学療法士など)の仕事内容とは?どんなことするの?

リハビリの仕事はざっくり言うと、病気や怪我で、身体機能が不自由になった人を、できるだけ元の環境に復帰できるようにお手伝いする仕事です。

具体的にはストレッチやマッサージ・筋トレなどのコンディショニング、日常生活の動作訓練・認知機能訓練などの具体的な身体機能訓練、杖や装具などの自助具の選定・家屋の手すりなどの環境設定も行います。

リハビリの国家資格は大きく分けて3つ(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)

国家資格であるリハビリの仕事には、大きく分けて3つの職種があります。

理学療法士
主に基本動作のリハビリを行う。
基本動作とは、起きる、座る、立つ、歩くなどのすべての動作の基本となるような動きの事です。

作業療法士
主に生活動作応用動作のリハビリを行う。
生活動作とは料理や掃除、買い物、洗濯、仕事など、基本動作の上に成り立っている動作のことです。
作業療法士については、認知機能訓練や発達障害などの精神領域にかかわることも多いです。

言語聴覚士
主に言語・聴覚や認知、摂食・嚥下のリハビリを行う。
ざっくりですが、食事にかかわるリハビリや、話す・書くといった言葉にかかわるリハビリが主です。
言葉ですから当然精神領域にも深く関わってきます。

 

このほかにも一般的には音楽療法士などもありますが、こちらは国家資格ではありません。

だからどうというわけでもないですが、この記事ではリハビリの国家資格というカテゴリーですので今回は割愛いたします。

私が理学療法士の資格をとった理由はやりがいだけ?

私がリハビリの仕事に興味を持ったのは、祖母が病気で片麻痺になり、動作が不自由でとても苦労していたこと、その時の家族の介護生活も大変だったのを実感したことが、大きな理由の一つです。

そして数あるリハビリ職の中で、私が理学療法士の資格を選んだ理由。

それは、すべての日常生活動作の基礎となる体の動き、基本動作をリハビリできる仕事だから。

なにかやりがいがありそうだと思ったんですよね。すべての動作の基礎を担うわけですから。

それに加えてあとは純粋に

・手に職をつけたかった。
・国家資格を取得して安定したいと思った。
・医療職は安定していると思った。

こんなことを考えて理学療法士の資格を取りました。どうですか、意外と大した理由じゃないですね。

人によって動機は様々だと思いますので、自由で良いと思います。
「こうでなくてはならない」ということは無いのですから。

ただ一つ、ラクそうだからという理由では選択しない方が良いと思います。必ず後悔します。

どんな仕事でも、それなりに大変ですよ。

理学療法士の資格をとって、良かったと思うこと

患者さんに直接感謝してもらえるのでやりがいMAX

一般企業のサラリーマン経験のある私からすると比較しやすいのですが、この仕事はクライアント(お客さん)が直接見える仕事であり、さらにその人の人生に深く関わる仕事です。

ですから患者さんから感謝の気持ちを直接頂く機会が多く、とてもやりがいがある仕事です。

病院で働いていれば、病院の事情に詳しくなれること

病院が一体どんなところなのか。
どのような仕組みになっているのかを知ることができたのは良かったと思っています。

なぜなら病院は、家族や自分自身が病気やケガで心身ともに大変な時にお世話になる場所なので、病院のシステムがどの様になっているかをある程度把握していることは、サービスを利用する側としても重要だからです。

医療の限界を認識でき、過剰に期待せずに済んでいること

誤解のないように書きたいのですが、医療は万能ではありません。治せない病気や原因がわからないこともまだまだたくさんあります。

ですから「病院に任せておけばすべて大丈夫」というような妄信をすることが無く、万が一のことがあっても、心の準備や持ちようが少し違うと思っています。

また病院で働いている医者をはじめとする医療従事者も普通の人間ですので、必ずしもいつもすべてが滞りなく完璧という状態ではないということも分かりました。

性格に欠陥のある人もいますし、ロボットではないですから医療ミスも当然起こります。(医療ミスを正当化しているわけではないのでくれぐれも誤解なく。人間である以上、エラーは仕方がないということです。)

病気の知識を学べるだけでなく、自分の身に置き換えて予防ができること

患者さんのリハビリをしていると、色々な病気やケガで入院されてきます。

そうすると仕事上、病気について学ぶことになりますが、合わせて関連の基礎疾患やその予防方法なども知ることができます。

ですから自分自身の日常生活に置き換えて、健康に留意しやすくなることができます。

身体を動かして仕事をするので、健康的であること

理学療法士の仕事は、患者さんの身体を介護しながら動作訓練などを行いますので、結構な肉体労働になります。

しかし見方を変えてみれば、デスクワークなどに比べていつも体を動かしているので、運動不足からくる病気のことなどを考えると、逆に健康的な生活を送れているという捉え方もできます。まあ疲れますけどね(´・ω・`)

看護師さんとお付き合いできること。半分冗談です。

冗談半分本気半分で書いていますが本当です^^。
この仕事をしていると看護師さんと関わることが多いので、お付き合いする機会が増えます。

病院などは看護師さんが多くたいていが女性なので、モテない男子でも売り手市場である程度モテるようになるようです(笑)。

細やかなケアができる看護師さんとお付き合いすると、日常生活での気遣いをはじめ、体調が悪い時なども頼りがいのある存在になります。

それにもし結婚した場合など、看護師さんは高給取りなので、共働きだと世帯年収が1、000万円以上になることも可能で、それ相応に豊かに暮らすことが可能になります(他力かよ)。

理学療法士の仕事をやっていて、辛いと思うこと

休みが少ない(転職である程度改善可能)

特に病院勤務だと一般企業に比べて休みが少ないところが多い傾向です。

祝日は関係なかったりしますので、ゴールデンウィークや年末年始なども関係なくなり大変です。
ただ職場によって一般企業並みの休日数があるところもありますので、そこは選択次第で改善が可能です。

毎日慌ただしい(転職である程度改善可能)

病院でも急性期病院などは特に、入退院のサイクルが早いので常に慌ただしい状態にあります。
そのような状態が好きという方もいると思いますので、やりがいに満ちた緊張感のある職場が好きな人にはお勧めです。

逆に介護老人保健施設や通所、訪問リハビリなどは比較的ゆとりを持って働くことも可能ですから、これも職場の選択次第でコントロールが可能です。

給料が安い(転職である程度改善可能)

理学療法士の約66%が医療機関に勤めていると言われていますが、一般的に給料は安いと言われています。

しかし老健や訪問リハビリなどはまだまだ給料が高いところが多く、都心であればやり方次第で年収500-600万円も可能です。

身体的にしんどい時がある(転職である程度改善可能)

上でも書きましたが、特に理学療法士は介助量が多いので肉体的に重労働です。
作業療法士や言語聴覚士だとある程度座位でリハビリを行うことも多いので、体力に自信のない方はこのようなリハビリの職業を検討することも一考です。

しかしそんな目線で選んだら、作業療法士さんや言語聴覚士さんに怒られますけど^^;。

勉強が大変!これは他の仕事でも一緒です。

どの様な仕事でも同じだと思いますが、技術や知識は日進月歩ですので、仕事をこなしていくには、常に勉強が必要です。

しかし自分自身の心がけ次第で何とでもなりますので大丈夫だと思います。

というわけで、辛いことより良かったと思うことのほうが多いです。

リハビリの仕事に向いている人、向いていない人は?

リハビリの仕事に興味がある人、学生さんの間で良く言われるのが、この仕事に向いている人、向いていない人の話ですね。

人付き合いが好きな人は向いていますとか、色々と言う人がいますけれど。

結局、向いている向いていないは誰にもわかりません。

現に私は決して人付き合いが好きなほうではありませんし、人見知りで社交的でもありません。
休みの日も家の中で、静かに過ごすことも多いです。

けれど仕事はそれなりにキチンとこなしています。

仕事になるとスイッチが入るんです。仕事モードってやつです。

そうすると自分でも驚くくらい、いくらか社交的になり声も大きくなります^^。

なぜでしょうか。それは仕事だと割り切っているからです。慣れてくれば、案外こんなものですよ。

新人の頃はもちろん、上手くできないこともたくさんありました。けれど経験を積むことによって、段々と上手くできるようになってきます。

自分はリハビリの仕事に向いているのか向いていないのか、考えてもしょうがないと思います。

どんな仕事でも向き不向きがありますが、就職する前からこれが解れば皆苦労しませんものね。

この記事を見に来た人の中には向き不向きの部分で悩んでいる人も多いかもしれません。

けれど、そんなことは誰にもわかりませんよ。

それよりも、本当にリハビリの仕事をやってみたいのか、何となくで実はそうでもないのか、そこのところをよーく考えたほうがいいと思います。

やりたいという気持ちが強ければ、きっとできると思います。

これから進学される人は、リハビリの資格を取って、同じ現場で活躍されることを期待しています。

 

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
PT.理学療法士の憂鬱を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

PT.理学療法士の憂鬱

ピックアップ記事

  1. 運動すれば大丈夫?【ダイエットの落とし穴】を理学療法士の観点から!
  2. 「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?
  3. 社会人から理学療法士になるために年齢制限はあるのか?
  4. 理学療法士は略してPT?英語の読み方・発音は?「リハビリ」も略語なの?意味は?
  5. 理学療法士と看護師はどっちがいい?給料、恋愛、結婚は?理学療法士から見た看護師の…

関連記事

  1. 理学療法士の就職・転職

    「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?

    理学療法士はとてもやりがいのある仕事だと思います。しかし仕事の本質…

  2. 理学療法士の就職・転職

    新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!

    専門学校や大学の最終学年時には、就活(就職活動)が始まりますね。学…

  3. 理学療法士の仕事

    心房細動管理における治療の難しさ 備忘録

    超高齢社会にともない、AF発症が増えている。AFを合併する虚血性心疾…

  4. 理学療法士の仕事

    理学療法士(作業療法士)の彼氏(彼女)に仕事道具のプレゼント8選

    理学療法士(作業療法士)の彼氏(彼女)がいて、就職祝いや誕生日に何をプ…

  5. 理学療法士の就職・転職

    理学療法士のダブルライセンスについて

    資格はたくさんあったほうが重宝する、就職も安定すると考えてダブルライセ…

  6. 理学療法士の仕事

    理学療法士の仕事 日々の仕事あるあるネタ

    理学療法士の仕事あるあるのコーナーです。理学療法士の仕事をしていて…

特集記事

  1. 給料格差
  2. 理学療法士 彼女

最近の記事

PT.理学療法士の憂鬱|SNS

  1. 理学療法士の給料

    理学療法士の給料は安い!をデータで比較。逆転の年収アップ方法とは?
  2. 理学療法士の就職・転職

    「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?
  3. 転職 タイミング

    理学療法士の就職・転職

    【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?
  4. 理学療法士の就職・転職

    新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  5. 給料格差

    理学療法士の給料

    東京の求人にみる、理学療法士の給料格差 えっ?こんなに差があるの?
PAGE TOP
error: Content is protected !!