理学療法士がライフスタイル提案

転倒の危険?お勧めしない歩行介助について。安全な歩行介助方法とは?

私は普段、理学療法士としてリハビリが必要な人を対象に仕事をしています。

本日は歩行介助の方法について、お勧めしない危険な歩行介助と、安全な介助方法について簡単にお話しします。

2分程度で説明しますのでよろしければご覧ください。

お勧めしない歩行介助とは?

まずお勧めしない歩行介助の方法について、その理由をご説明します。

手引き歩行の介助方法は安全ではない

引用元:リハプラン

手引き歩行はよく見かける歩行介助の方法です。

リハビリにおいてご家族の方はもちろん、病院でも看護師さんなどが行っているのを見かけます。

しかしこの介助方法は安全とは言えません。

なぜなら手引き歩行の場合、患者さんの肘と肩が自由に動く状態だからです。

もしもこの状態で患者さんがつまずいた場合、患者さん自身が腕の力を使って踏ん張らないと転倒してしまいます。

この時介助者がとっさに間に合えば、引き上げたり、体を近づけて脇などを支えることができますが、いずれにしても安全な状態ではありません。

また介助者は進行方向に対して背を向けてるため、介助者自身も不安定でありこの点からも安全とは言えません。

図のように手をつなぐのではなく肘のあたりを支えるほうがまだいくらか安全ですが、この場合でも患者さんの肩は自由に動いてしまいますし、介助者は後歩きをしますのでお勧めしません。

安全な歩行介助方法とは?

ではどんな介助方法が適切でしょうか?

安全な歩行介助方法は腋窩介助

引用元:宇治おうばく病院

私がお勧めする安全な介助方法は腋窩介助です。

腋窩とはわきの下の事ですね。

図のようにわきの下をしっかり支えることで安定して介助ができます。

この時わきの下を支えるだけでなく手のひらでも支持すれば、2点で支えることでより安定感が出てきます。

前述の手引き歩行と違う点は、患者さんのわきの下に手を入れることで、体(体幹)を直接支えていることになります。

ですから患者さんがふらついても直に身体を支えているので、すぐに対応ができ安全です。

このほか、後方から両脇を支えて歩調を合わせる介助歩行もお勧めですが、慣れないと難しいかもしれませんので上図のような側方介助が無難だと思います。

しかし側方から介助すると幅が広がってしまいますので、家の中で狭い所などでは難しく、どうしても手引き歩行などを多用してしまいそうです。

その場合は先ほど申し上げた後方から両脇を支える介助方法が安全ですので、ぜひマスターしていただければと思います。

引用元:ひろマッサージ治療院

介助が不十分で転倒してしまうと、骨折や外傷で入院が必要になります。

その結果QOLが著しく低下し寝たきりになりやすくなるなど、健康寿命の減少に繋がりますので、しっかりとした知識のもとに行っていただければと思います。

この記事が何かのお役に立てれば幸いです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

記事が気に入ったら
PT.理学療法士の憂鬱を "いいね!"
Facebookで更新情報をお届け。

PT.理学療法士の憂鬱

ピックアップ記事

  1. 理学療法士(作業療法士)の彼氏(彼女)に仕事道具のプレゼント8選
  2. 【理学療法士の転職】タイミングを間違え大損!?ベストな転職時期とは?
  3. 理学療法士に英語は必要!? 英語が使えないと仕事ができない?
  4. 【理学療法士の将来性】今後は需要が無くなる?
  5. 【太りにくい生活習慣】には、NEAT(ニート)の意識がとっても大事!

関連記事

  1. リハビリシューズ

    理学療法士がライフスタイル提案

    介護靴 リハビリシューズ 理学療法士お勧め!販売店,症状別,おしゃれな靴。

    高齢の患者さんは介護靴・リハビリシューズを使用している方が多いですが、…

  2. 野菜ジュース

    理学療法士がライフスタイル提案

    健康の為の野菜ジュースが有害?あなたの飲んでいる野菜ジュースは大丈夫ですか?

    健康のために野菜ジュースを飲む人は多いですよね。私も毎日、野菜ジュ…

  3. 理学療法士がライフスタイル提案

    もしも入院したら入院中に履く靴はどうすればいい?理学療法士がアドバイス

    この記事では、もしも入院したらどんな靴を用意すればよいかをアドバイスさ…

  4. 理学療法士の給料

    日本の労働生産性は先進7か国で一番低い現実。将来について感じる事

    日本生産性本部は19日、労働生産性の国際比較を発表した。2017年…

  5. 理学療法士がライフスタイル提案

    【太りにくい体づくりのコツって?】理学療法士の観点から!

    同じだけ食べても、なぜ太る人と太らない人がいるのか?俗に太りやすい…

  6. ダイエット

    理学療法士がライフスタイル提案

    運動すれば大丈夫?【ダイエットの落とし穴】を理学療法士の観点から!

    私は常日頃、病院で入院患者さんのリハビリを受け持っていますが、その中に…

特集記事

  1. 給料格差
  2. 転職 タイミング
  3. 理学療法士 彼女

最近の記事

PT.理学療法士の憂鬱|SNS

  1. 理学療法士の就職・転職

    「毎日、理学療法士を辞めたいと思う」その現実を変える唯一の方法とは?
  2. 理学療法士の就職・転職

    新卒理学療法士の就職先は?初めての就職活動で後悔しない方法とは!
  3. 理学療法士 彼女

    理学療法士の恋愛

    【理学療法士の恋愛事情】患者さんに好意は抱く?脈ありのサインは?
  4. 理学療法士の給料

    理学療法士の給料は安い!をデータで比較。逆転の年収アップ方法とは?
  5. 理学療法士の給料

    給料が安い理学療法士は転職するべき!【年収580万 私の転職履歴】
PAGE TOP
error: Content is protected !!